コンテントヘッダー

なんでもなく日常茶飯事。

いつも小さい玉麩を送ってくれてた母の親友が亡くなってしまいました。
なんかしら手作りするのが好きで得意で、色々作っては送ってくれる中になんで? ってくらい毎度玉麩か打ち豆を送ってくれてて、いや、でもお麩好きじゃないんだよなぁってことで食べ方考えて、炒めて食べたら美味いんぢゃね?ってことでできたのが個人的ヤメラレナイ止マラナイ系お菓子だったんですけど。

知らない人から電話かかってくるのってやっぱり怖いなぁ…
名前聞いて、え、知らない声…って思ったら案の定なわけです。
妹さんでしたが、名乗られても判らないわけで、お姉さんの名前で電話掛けてきたわけで。
何年も前から病気なのは知ってたし、最近連絡つかなくて、ようやく先日電話に出たかと思ったら再発してたから入院してた、また病院戻るんだってところで、あれが最後になっちゃったんだけど、ものすごい確率だったなと思うわけで。
癌て見つかって大体3年とか再発多いんですかね、父もそうでしたが。末期で見つかって3年半でしたが。
ちょっと小康状態続くと油断しちゃうんだ、病気なの解ってる筈なのに現実逃避すると言うか、見えないから忘れると言うか、忘れてないんだけどうっかりすると言うか。結局のとこ自分の周囲の日常に紛れちゃうって言うか。エゴイズム。

行かなくていいのかってこないだの電話の後さんざ聞いたんだけど、今行けない、元気になったらって…
元気にならなかったじゃないかよ… って大叔母の時に思ったのも昨年末のことですが。
その前ってゆーと祖父の時だから父の前だけど。

叔母の時と伯母の時と、見舞いに行ったら意外と大丈夫だったってことが何回かあるので、そういうタイミングなもんなのかなぁとか、もしかしてジンクスみたいなもんなんじゃないのかとかも思わないこともないではなかったり。
なんか親類でちょっと縁が繋がってる感覚の相手は皆年上なので、しかも親世代なわけで、近く自分は一人になっちゃうんだねぇって思ってはいるけど何もしてないなぁ。

父はひたすら片づけ物と家の補修とかしていた晩年だったけれども、
母は真逆行って只管物を増やしちらかし続けてく…まぁ物欲なくなってた頃より大分元気で良いんだけど。
今日も買い物行くって言ってるから食材買いにいかないとね、一週間分…いや、なんか、ヤな予感する、絶対必要以上に買う…でもまぁ今日は赦す、今日は。


最近見かけないなぁって近所のおばあちゃんが90過ぎててってか100近い筈なのを最近久々に見かけたのが朝5時台で、そっか、朝早くなったのか散歩の時間… と遠くで元気そうな声が響いてたんだけど、
何がそんなに違うんだろうねぇ? まぁ出来ればギネス? 載るくらいに頑張ってくれたらいいと思うよ。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃし。

Author:ちゃし。
茶白黒、略してちゃし。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード